新型コロナウイルス感染症

職場でコロナに感染した!労災保険給付の支給対象となるケースは?

新変異株KP.3の影響で、新型コロナウイルス感染症の感染者が急増し、第11波に入ったと言われています。この記事では、職場でコロナに感染した場合、労災保険給付の支給対象となるのは、どのようなケースかについて詳しく解説します。
安全衛生

社員が10人・50人以上になったとき選任が必要な安全・衛生推進者、安全・衛生管理者とは?

この記事では、社員が10人以上になった時、50人以上になった時に、選任が必要な安全推進者・衛生推進者、安全管理者・衛生管理者などの資格要件や業務の内容などについて、詳しく解説します。
安全衛生

令和6年度全国安全週間実施要綱発表!6月に会社がすべきことは?

厚生労働省では、毎年7月1日から1週間、「全国安全週間」が実施されています。この記事では、令和6年度の「全国安全週間」の準備期間(6月)と7月1日から1週間の「全国安全週間」および全国安全週間以外についても、継続的に実施することについて解説します。
安全衛生

2024年仕事中の熱中症対策は?STOP!熱中症 クールワークキャンペーン

2024(令和6)年5月から9月まで、厚生労働省で実施される「令和6年STOP!熱中症クールワークキャンペーン」の内容と2024年4月から実施すべき職場での熱中症予防対策や熱中症予防教育の内容・教育用ツールなどについて詳しく解説します。
安全衛生

2024年4月から変わった!雇入れ時の安全衛生教育の変更点は?

すべての事業者は、労働者を雇った時や作業内容の変更時に、安全衛生教育を行わなければなりません。この記事では、労働安全衛生法で義務付けられている雇入れ時の安全衛生教育の内容や2024年4月から変わる雇入れ時の安全衛生教育の変更点について詳しく解説します。
ハラスメント

すべての事業主に義務付けられている職場のセクハラ、マタハラ防止対策は?

12月は「職場のハラスメント撲滅月間」です。育休明けの社員が残業免除や夜勤免除を申請した時、申請の取り下げを1回言っただけでもハラスメントになる人とならない人とは?すべての事業主に義務付けられているセクハラ・マタハラ防止対策の具体例とあわせて解説します。
パート・アルバイト

学生アルバイトに休憩時間は必要?成年年齢18歳に引き下げで労働基準法の「年少者に対する保護規定」への影響は?

学生アルバイトに休憩時間は必要?2022年4月1日から、成年年齢が18歳に引き下げられ、労働基準法の「年少者に対する保護規定」への影響は?学生アルバイトでも、雇用保険・健康保険・厚生年金の加入が必要なケースとあわせて詳しく解説します。
求人募集・採用

2024年4月1日から新たに求人募集要項に記載が必要になる内容は?

職業安定法施行規則が改正され、2024(令和6)年4月1日から新たに求人募集要項に記載が必要な項目が増えます。この記事では、求人募集要項に記載が必要な項目や新たに記載が必要になる項目について、詳しく解説します。
働き方改革

1年単位の変形労働時間制とは?年間休日は何日必要?割増賃金の支払いが必要な時は?

この記事では、1年単位の変形労働時間制を採用する方法や必要な年間休日日数、1年単位の変形労働時間制を採用していても残業代(割増賃金)の支払いが必要なケースについて詳しく解説します。
育児・介護休業

子の看護休暇を申請した社員に診断書や証明書の提出を要求できる?入社6か月未満の社員にも子の看護休暇の取得が必要?

この記事では、子の看護休暇を取得した労働者に診断書や証明書の提出を要求できる?入社6か月未満の社員に子の看護休暇を取得させる必要がある?時間単位で子の看護休暇を取得した場合、休暇1日分は何時間かについて、詳しく解説します。