賃金

2023年10月から、47都道府県の最低賃金は何円に引き上げ?基本給は日給・資格手当は月給制の社員の賃金が最低賃金額以上か換算する方法は?

2023年10月1日から、47都道府県で地域別最低賃金額が順次引き上げられます。2023年度47都道府県の地域別最低賃金額と基本給は日給・資格手当は月給制の社員の賃金が最低賃金額以上か換算する方法について解説しています。
安全衛生

会社の定期健康診断を受診させなければならないパート・アルバイトは?費用の負担は?

会社の健康診断を受診させることが必要なパート・アルバイトとは?6月以内ごとに1回健康診断の受診が必要な深夜勤務者の要件や健康診断を受診していた時間分の賃金の支払いが必要なケースと併せて解説しています。
就業規則

就業規則を自社で作成!2023年7月に改訂された最新モデル例がダウンロードできるサイトは?

常時10人未満の労働者を使用する小規模な事業所は、就業規則の作成・届出義務はありませんが、キャリアアップ助成金など助成金の申請をする時に、就業規則が必要なものもあります。当記事では、就業規則に必ず記載が必要な事項や自社で作成する場合のモデル就業規則について詳しく解説します。
賃金

地震の被害で道路が通行止めになり仕入れができずに臨時休業した!休業手当の支払いは必要?

地震や土砂災害の影響で、自社の建物や設備の被害はないが、取引先や鉄道・道路が天災事変で被害を受け、仕入れが不可能になり臨時休業し従業員に自宅待機を指示して休業させた場合は、休業手当の支払いが必要?大雨の影響で臨時休業した場合、休業手当の支払いが必要な時と不要な時とあわせて解説しています。
パート・アルバイト

地震や津波警報発令で臨時休業!自宅待機を指示したパート・学生アルバイトに休業手当の支払いは必要?

大雪警報の発令や台風の接近など予報の段階で臨時休業を決定し、自宅待機をさせたパートタイマーや学生アルバイトへの休業手当の支払いは必要かについて、休業手当の計算方法とともに詳しく解説しています。
賃金

出張前日の終業後に出張先へ移動した社員の移動時間は残業?ホテルで報告書を作成した時間は残業?

大雨警報が発令されたので出張前日の終業後に出張先へ移動、移動した時間に残業代の支払いが必要な場合と出張先のホテルで報告書を作成した時間に残業代の支払いが必要かについてお伝えしています。
賃金

人身事故や地震の影響による電車遅延で遅刻した時間分の残業した社員に割増賃金の支払いは必要?

人身事故や信号トラブル・地震・大雪など自然災害の影響による電車遅延や運転見合わせで遅刻した社員が遅延証明書を提出した場合、賃金カットはできる?遅刻した時間分の残業した社員に割増賃金の支払いは必要?
賃金

会社が社員に帰宅命令をし早退させた!休業手当の支払いは必要?帰宅困難者のホテル代やタクシー代は会社持ち?

この記事では、地震の発生や大雪警報の発令で従業員を早退させた場合の休業手当や帰宅困難者がホテルに宿泊した時やタクシーを利用した時の費用の負担について、詳しく解説します。
安全衛生

会社のトイレは何個必要?PC作業をする事務所の照明の明るさは何ルクス必要?

2021年12月1日から、事務所衛生基準規則および労働安全衛生規則について、一部運用が見直されました。労働衛生基準が変わり、会社のトイレは何個必要?PC作業などをする事務所の照明の明るさは何ルクス以上必要になった?
パート・アルバイト

正社員のみ夏と冬のボーナスを支給し「パートだからボーナスなし」は当たり前?

2021年4月から、すべての事業主に同一労働同一賃金への対応が義務付けられています。正社員のみボーナスを支給し「パートだからボーナスなし」は当たり前?不合理な待遇差となるときとは?パートやアルバイトなどにボーナスを支給する場合にもらえる助成金とあわせて解説しています。